人気ブログランキング |

音楽 聴いて生きて行こう。

J-WAVE LIVE~SPRING!/藤巻亮太・秦基博・さかいゆう

「春の夜に響く優しい音楽」
a0249186_1111848.jpg


J-WAVE LIVE ~SPRING!@SHIBUYA AXに行ってきた。
実は昨年に続き今年は2回目。
昨年は震災の影響で音楽LIVE等、多くのイベント毎が自粛していた時期で
震災後、初めて観に行ったLIVEがこのJ-WAVE LIVE SPRINGだった。

今年のラインナップは、2月からソロ活動を始めた藤巻亮太、
J-WAVE LIVEではお馴染みのスイートヴォイス秦基博、
そしてここ数年耳にする回数、ファンの数をぐんぐん増やしてきたさかいゆうの3組だ。

MCはJ-WAVEナビゲーターの宮本絢子さん。


まずはじめにステージに登場したのはさかいゆう
ピアノ演奏とともに聴かせてくれる楽曲はどれも優しく
軽快なメロディを含む心地よいサウンド。
途中、お客さんを巻き込んで一緒に歌うスタイルは
さかいゆうのステージ恒例のシーンだ。会場の一体感を作るのが上手い。
最後、親しい友人に宛てた歌ですと聴かせてくれた
「君と僕の挽歌」は明るいメロディに切なく響く歌詞が心を震わせた。


続いて登場したのは秦基博
ツアー中ということもあってか、自慢のスイートヴォイスは少しかすれ気味だった。
それでも彼の鳴らす音楽はぐっと心を掴む優しいもので、
会場にいたお客さんは一気に秦ワールドへと引き込まれていった。
歌っている時のカッコよさと一遍、MCになると何とも頼りなげで可愛らしいキャラクターは
彼が多くのお客さんに愛される一つの要因だろう。
「愛の奴隷」という曲では思わず歌詞にドキッとさせられるも
最後には代表曲「鱗」を歌い上げ爽やかな空気感でステージを終えた。


そして今回のトリは藤巻亮太
3月にTOKIO HOT 100 LIVEではまだソロ曲が少ないということで
レミオロメンの名曲3月9日を歌っていたが、今回はオールソロ曲を披露してくれた。
(それはそれでレミオファンだった私にとっては鳥肌ものだったが)
驚いたのはその音楽性の幅の広さ。
ソロデビューシングル「光をあつめて」はご存じの通り
決意表明ともいえる珠玉のバラード。
又、J-WAVEのキャンペーンソングとしてヘビロテされていた
「シーズンドライブ」は明るくキャッチーなポップソング。
そして、その他に絶対レミオでは歌えなかった曲として
「パーティサイズ」というとても面白い歌詞の可愛い曲を歌ってくれた。
本人も演奏中終始笑顔だったし、思わず歌いながら吹き出してしまうシーンも。
かと思えばとっても暗く深く深く沈んで行ってしまいそうな荘厳な楽曲も
披露していたから本当に驚かされた。
今後どんなビジョンをもって新しい楽曲を発表していくのかがとても楽しみだ。




日々の気温が安定しない5月。
気候とともに心も乱れがちになるこの季節だが、
このLIVEに足を運んで、爽やかな男性3人が奏でる音楽を聴き
とても心穏やかで優しい気持ちになれた。

そして改めて、私は藤巻亮太の歌声、特に高音になるところが好きだな~
と思ったのでした。




*******************************
<Ezperience> 藤巻亮太・秦基博・さかいゆう
J-WAVE LIVE ~SPRING~
2012年5月17日(木) @SHIBUYA-AX
*******************************
by naomi-no-oto | 2012-05-17 20:00 | LIVE
<< KSKUBARHYTHM pr... 星野源の日比谷野外音楽堂ワンマ... >>



私が観聴きした音楽について、徒然なるままに書き記す為のBlog。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
最新の記事
SPACE TOUR / K..
at 2013-03-30 13:28
星野源 ARTIST OF ..
at 2013-03-04 02:13
星野源 ARTIST OF ..
at 2013-03-02 10:46
Shibuya Apartm..
at 2013-02-25 01:29
おかえり、源さん!!
at 2013-02-19 00:58
記事ランキング
カテゴリ
画像一覧