人気ブログランキング |

音楽 聴いて生きて行こう。

SWEET LOVE SHOWER 2012 / 星野源

どしゃ降りライブ♪♪
a0249186_13545354.jpg

SWEET LOVE SHOWER の素敵な所は
タイムテーブルがほぼ時間差で組まれていて
頑張れば出演アーティストほとんどのステージを観ることが出来る事です◎

たぶん会場の規模がそんなに大きくないので
複数の大きなステージで同時に行ってしまうと
音が被ってしまうんでしょうね。

星野源さんのステージは、THE BAWDIES の次の時間帯だったので
2.3曲聴いて源さんの会場に向かいました!!
すると、既にステージ前には5.6列のお客さんが待機していました!
そっか、源さんをより間近で見るには THE BAWDIESを観ない勢いで
並ばないといけないんですね。。。 くぅ、甘かった・・・、笑。
a0249186_1354545.jpg

会場に到着した頃、
丁度、源さんのステージが始まる1時間程前だったのですが
まだまだこんなに青空が広がっていました。

a0249186_13545552.jpg

こちらがスタート10分前位の空模様。
ちょっと怪しくなり始めました。。。


この頃、高田漣さんや、伊藤大地くん、伊賀航さん、
そして、ホーン隊の皆さま
サポートミュージシャンの方が続々とステージの上に登場。
会場がざわめき始める中、
なんと星野源さんが登場しました!!
あれっ?!まだ始まる時間じゃないのに。

そう、これが噂の本番前丸々リハーサルだったのです!!
源さんのフェスステージでは、本番前に丸々一曲
音チェックをしながら演奏してくれる
というレポートを読んだことがあったのですが
この日、初めてその光景を目の当たりにしました◎

「これ、リハーサルなんで真面目に聴かなくていいからね。」
と話す源さんの言葉をよそ目に、お客さんはすっかり
リハーサルで演奏された“茶碗”に耳を傾けていました。

噂通り、まるまる一曲の演奏でチェックを終え
「いったん形式上引っ込むけど、すぐ戻ってくるから!」
と言いステージ下手に戻られました。
場内アナウンスで「NEXT ARTIST IS・・・星野源~!!」と
流れるや否や、スピードスケーターばりの駆け足で登場した源さん!!
「どうも、星野源です!!」
「今ので疲れた。」
と、駆け足登場を反省しつつ場内を沸かせてくれました。

この日も恒例のゆず茶を一口飲み、
Dram 伊藤大地、 Bass 伊賀航 との3人で“ひらめき”の演奏をスタート。
ライブ盤の“ひらめき”はイントロがCD盤より少し長く
はじめ、あれ?なんの曲だっけ?と思っていたのですが、
最近はこの曲スタートのことが多かったのですんなり聴き入ることが出来ました。
そして、続いて披露してくれたのが
ジャッ!!
というイントロで一気に胸を掴まれる“湯気”!!
源さんの中で男らしい一曲でもあるこの曲。
大好きなんです!!
ライブでは久々に聴くことが出来たので本当に嬉しかったです♪♪

ここで、ペダルスチールギターの高田漣さんが登場。
働く保険セールスマンの歌、“営業” が始まりました。
伸びやかに且つ力強く響く、漣さんの演奏が加わることで
この曲の魂みたいなものが色濃く表れて聴こえました。
特に今回のステージでは
漣さんのペダルスチールギターがエレキギターのように
強い音を響かせる部分があり、
圧倒させられる程、格好良い演奏でした。


ゆるやかな一曲目から次第に熱を上げてきたステージに
更に色を添えてくれたのは、ホーン隊が加わって演奏された“パロディ”。
実はこの夏、初めて生で聴く曲だったのですが、
独特の南国感が漂うこの曲は、フェス会場のワクワクを高めてくれる
最高の一曲でした。

続いてこの夏、資生堂ANESSAのCMソングとして起用され
多くの人の耳に届いた、源さん飛び切りのサマーチューン
“夢の外へ”が始まりました♪♪
ちょうどこの頃、心配していたお天気がついに崩れはじめ、
演奏中盤ではどしゃ降りの雨にっ!!
もう、本当に驚くくらいのどしゃ降りでした、笑。
でも逆に、そんな大雨の中で聴く“夢の外へ”なんて
この先めったにないだろうし、なんだか手拍子をして聴いていたら
そんな非日常の感覚を心から楽しんでいる自分がいました。

ここでMC。
雨の中、避難せず演奏を聴いてくれているお客さんを心配しつつ
感謝の気持ちを述べ、
「ぼく、ポンチョ好きなんです。
 特に女の子の短パンにポンチョのスタイル!
 こう、裾をめくりたくなるっ笑!」
と、相変わらずの変態っぷりも披露してくれました◎

そうそう、ステージに全員揃ったところでメンバー紹介をしてくれたのですが
「今回、新たに“客”というパートが出来まして・・・」
「サカナクション、山口一郎っ!!」
と、なんと、舞台袖で源さんの演奏を聴いていた
サカナクション山口一郎さんか登場したのです!!
一郎さんは舞台下手にちょこっと登場し、
見事なジャックナイフジャンプ?!(両手、両足を広げてジャンプするやつ)を
披露して会場を盛り上げてくれました!!
このお二人、ホントに仲良しなんですね◎
何だか、こういうアーティストさん同士の交友関係って
本当に素敵ですよね。
お互いにとても良い影響を与え合えていると思います。


そんなこんなで大雨降りしきる中、
源さんの名曲。
“くだらないの中に”が始まりました。
この曲、源さんがシャワーを浴びながらふんふんと鼻歌を歌っている時に
降臨した曲ということもあって、なんだかこの大雨がその時の
イメージに重なるようで不思議な感覚になりました。
そして、この日このステージで一番良かったのが
後半サビの部分で、
くだらないの中に愛が
という歌詞があるのですのが、その
あ~いが
を、いつもなら裏声で歌うのに、
今回は地声で、しかもシャウトするように歌っていて、
本当に本当に胸に響いたのです。
後日、源さんがナビゲーターを務める番組RADIPEDIAで、
同様の感想メッセージを送っていたリスナーさんもいらっしゃたので
本当に素敵なシーンだったんだなと改めて思いました。
源さんも、
「大雨の中で “くだらないの中に” を歌っていたら気持ち良くなってしまった。」
と語っていました。


さて、楽しい時間はあっという間。
最後の曲です、と紹介されたのは“フィルム”でした。
この時も、雨は収まることなく勢いを増すばかりだったのですが、
もうこのまま時が止まってしまえばいいのにと思うくらい
一つ一つの言葉や音を噛みしめながら聴いていました。
また、この曲のアウトロは本当に素晴らしく
しかも今回のようにホーン隊も加わった形での演奏は
とても綺麗なんですよね。


最後に、
「雨の中、最後まで聴いてくれてありがとう!」
「星野源でした!風邪引かないようにねっ!!!」
と言い、舞台下手へと帰っていきました。




こんなに大雨の中でのライブは初めてでした。
でも、そんな状況をも覆すほど素晴らしい音楽を聞かせてくれた源さん。
今までに出会ったことが無いくらい人間味にあふれた曲の数々は、
ずっとずっと大切にしたい音楽だなと思ったし、
星野源さんが放つ、人を惹き付けてやまない存在感は
本当に素敵だなと思うステージでした。




私の、この夏の源さんライブはひとまずこれで終わりですが、
秋にはワンマンライブも決まった様なので
また素敵な音楽と空間に浸れる日を楽しみにしたいと思いました。




<セットリスト>

(リハーサル)
 茶碗

1.ひらめき
2.湯気
3.営業
4.パロディ
5.夢の外へ
6.くだらないの中に
7.フィルム







***********************************
< Experience > 星野源
SWEET LOVE SHOWER 2012
2012年9月1日(土) @山中湖交流プラザきらら
***********************************
by naomi-no-oto | 2012-09-06 23:51 | LIVE
<< SWEET LOVE SHOW... Na Na Na / KREVA >>



私が観聴きした音楽について、徒然なるままに書き記す為のBlog。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ライフログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
最新の記事
SPACE TOUR / K..
at 2013-03-30 13:28
星野源 ARTIST OF ..
at 2013-03-04 02:13
星野源 ARTIST OF ..
at 2013-03-02 10:46
Shibuya Apartm..
at 2013-02-25 01:29
おかえり、源さん!!
at 2013-02-19 00:58
記事ランキング
カテゴリ
画像一覧