音楽 聴いて生きて行こう。

TSUTAYAオリジナル トーク&ミニライブ / 星野源

『夢の外へ』連れて行ってもらいました◎
a0249186_2240365.jpg

なんと、なんとっ!!
夢のような本当の話。

星野源さんの3rdシングル『夢の外へ』TSUTAYA購入者特典の
特別ご招待トーク&ミニライブに行ってきました!!
実は私が当選した訳ではなく、
Twitterでお知り合いになった源さんファンのフォロワーさんが
誘って下さり、急遽参加できることになったのです☆☆☆

もう凄く感激っ!!本当にお誘いありがとうございまいました◎

a0249186_2240487.jpg

都内某所と告知されていた場所は、
代官山蔦屋書店の奥にあるT-SITE GARDEN GALLARY
土地柄、お洒落で洗練されたイベントホールで、
オールスタンディングの形でした。
開演までの間、ステージ後方には『夢の外へ』のMVが映し出されていて、
登場前からドキドキしちゃいました、笑◎

19:30を少し過ぎた頃、
TSUTAYAのスタッフさん?からご紹介があり
遂に星野源さんのご登場~!!
紺の薄手のカーディガンに、白地に黒のアルファベットロゴTシャツ、
ボトムは薄いブルーのパンツにブーツのスタイルでした◎

「どうも、星野源です!」の挨拶に始まり、
お客さんとの距離が近いアットホームな会場らしく、
積極的にお客さんとのやり取りを始める源さん。

「僕のライブに来たことがある人?!」とか
「僕がお芝居をしている所を観た事がある人?!」とか
自己紹介代わりに色々と質問をしてくれました。
「今日、遠方から来られている方?」という質問には、
「福島!」「神戸!」「山形!」など・・・、
本当に様々な返答があり、その距離に驚きつつも、
あぁ~、全国のファンに愛さているんだなぁと実感する場面でもありました。


実は今回、ステージ上には源さんが座るスタンドチェアともう一つ
同じ椅子が用意されていました。
誰か司会者の方でも来るのかなぁ~と開演前に話をしていたら、
自己紹介の終わった源さんは、
J-WAVE RADIPEDIAのポーターさんとしてもお馴染みの
寺坂直毅さんをお招きしたではないですか?!
サプライズなゲストに会場は拍手の嵐◎
その後は源さんと寺坂さんで、公開RADIPEDIAのように
40分にも渡るトークを繰り広げて下さいました◎

一緒に行った箱根旅行の話に始まり、
寺坂さんの大好きなデパートトークに展開し、
清水ミチコさんと3人で行った部屋ライブの話から
寺坂さんが清水さんの紹介で、黒柳徹子さんにお会いした話、
更にはドラクエにメタルギアソリッドの話へ移るなど
とにかくゆる~く自由に広がるお話を沢山してくれました。

因みに、ドラクエをやりすぎた寺坂さんは
現実世界もドラクエの世界に見えてしまい、
小さな段差をゲームの登場人物のようにジャンプしてしまったり、
ドラクエ風な妙な歩き方になってしまったりするそうです、笑。
源さんおススメのメタルギアソリッドのお話は、
現在発売中のpopeyeの対談連載にも掲載されているので
是非チェックしてみて下さいね◎


そして話は、お洒落スポット代官山は
満たされている人で溢れているという所から【リア充】の話題へ・・・。
普段、明るくふるまっている人って案外一人の時に暗かったりするよね、
角張さんとか・・・と話をしていたら、
会場2階に角張さんが現れて笑いを誘ったり・・・、
頑張って日々充実した生活を送っている人って、リア充とは言わないんじゃないか、
本当のリア充の人って、そんな言葉すら意識せずに
充実した生活を送っている人なんじゃないか
という哲学的で真面目な話になったり・・・。

なんだかあまりの振れ幅の広さに驚かされつつも、
興味深い話題の数々に、時が経つのも忘れてしまいました。


そして、このイベントの趣旨でもある
『夢の外へ』の誕生エピーソードもお話してくれました。

30歳を過ぎて童貞の寺坂さんは、
夢の中で好きな女優さん(由紀さおりさんと黒柳徹子さん)と
いつでも会えて色んなことが出来る?!
という魔法が使えるそうで、その話に感銘を受けた源さんが
なんとか寺坂さんの夢の中の大切なものを現実世界に連れ出してあげたい
という発想から生まれた曲だというのです。
「だからみんな、寺坂さんがいなかったらこのイベントは無かったんだよ!」
という源さんの発言に、
その場にいた全てのお客さんから寺坂さんに惜しみない大きな拍手が送られ、
とても不思議で暖かな雰囲気が会場を包み込みました◎
あと、この曲にはもう一つ意味があって、
「夢の外へ」って、虚構や妄想なんか捨てて現実世界に戻ってこい
っていうことじゃなくて、そうした自分だけの大切なものも引連れて
現実を生きてもいいじゃない?という意味が込められているんです
と語ってくれました。

このお話は、各媒体のインタビュー記事や源さんのHPの特設ページでも
目にしたものでしたが、やはり本人の口から聴けると更に説得力を増すというか、
個人的にも、妄想や夢を諦めずにもっと頑張ろうと勇気が貰えたりして
改めて、凄く前向きな気持ちになれました。




さてさて、今回はトーク&ミニライブということもあり
トーク対ライブが、3対1くらいのかなりレアなイベントとなり、
この日披露してくれた曲は、
「くだらないの中に」、「夢の外へ」、
寺坂さんの口上付き「襟裳岬」(森進一さん風)
寺坂さんの新作口上付き「フィルム」の4曲のみでした。

でも、はじめに歌ってくれた
「くだらないの中に」では、小さな会場のアコースティックライブながら
SLSで耳にした あ~いが シャウトを披露して下さり
またしてもぐっと心を掴まれてしまいました。
源さん、声量が増しているし、歌に安定感が出てるなぁ~
としみじみと感じました。

あっ、歌は4曲のみでしたが、
曲と曲のつなぎで、ギターをポロポロと鳴らしいている間に
「日常」のメロディーが混ざっているようで、
思わせぶりだけど、もう1曲聴いた気にさせてくれる演出に嬉しくなったりしました。




あぁ、案の定、
幸な気持ちが消えず、ふわふわした状態で書いていたら
だらだらと長い文章になってしまいました。

すみません。。。


でも、本当に源さんの魅力満載の素敵なイベントでした☆
あんな間近でお話やライブが聴けてとっても嬉しかったし、
大好きな寺坂さんと楽しそうに話す源さんの姿を見て、
思わずにこやかな気持ちにさせてもらえました。


11月に予定されているワンマンライブの
HP先行予約は残念ながら外れてしまいましたが、
何とか頑張って、また源さんの生ライブに行きたいなと思いました◎



最後に改めまして、
今回、こんな素敵なイベントに誘って下さったフォロワーさん
本当にありがとうございました!!!


とっても楽しい時間になりました♪♪




<セットリスト>

1.くだらないの中に
2.夢の外へ
3.襟裳岬
4.フィルム




a0249186_2240620.jpg



****************************************************
< Experience > 星野源
TSUTAYA オリジナル トーク&ミニライブ
2012年9月11日(火) @ DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLARY
****************************************************
by naomi-no-oto | 2012-09-11 22:38 | LIVE
<< Siriで遊ぶ♪♪ 乱視 / 星野源 >>



私が観聴きした音楽について、徒然なるままに書き記す為のBlog。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
最新の記事
SPACE TOUR / K..
at 2013-03-30 13:28
星野源 ARTIST OF ..
at 2013-03-04 02:13
星野源 ARTIST OF ..
at 2013-03-02 10:46
Shibuya Apartm..
at 2013-02-25 01:29
おかえり、源さん!!
at 2013-02-19 00:58
記事ランキング
カテゴリ
画像一覧